MENU

バツイチやシングルマザーが入れ食い状態でパコれる理由とは!?

 

シンママやバツイチ女性は入れ食いできます

 

とりあえずシングルマザーなら食っとけ!

 

これはもう

我々の業界では既に常識

となってきている事だが、皆さんはご存じだろうか?

 

最近ではシンママとも言われ、シングルマザーについてスポットが当たるようにもなってきたが、まだまだシングルマザーに対する世間の評価は低い。

 

と言うわけで今回は、シングルマザーがいかに熱いかをお届けしたいと思う。

シングルマザーにまつわる恐怖!

シングルマザーの評価が低いのには理由がある。

 

それはやはり結婚の問題だ!

 

手を出してしまえば最後・・・

シンママ「ほら!新しいパパだよ!」

とかなって、いつの間にやらパパデビュー!

 

子ども「新しいパパ、宜しくね!」

となって、もう一生逃げれない・・・。

 

そんなことを想像する人も多いだろう。

 

が、しかし・・・。

 

実際はそんなことにはならないと断言できる!てか、実際にそんなことは殆ど起きていない。

 

稀なケースとして実際に起きる時は、

当事者の男性が「それを望んだ場合だけ!」

なのである。

新しいパパを望むのは確か。だが・・・

そもそも、多くのシンママは子供を大事にしているので、簡単に他のパパを迎えようという気が無い。

 

もちろん、願望としては素敵な男性が現れて、パパになって欲しいと願ってはいるが、実際に新しいパパになるのは非常に大きなハードルがある。

 

子どもがパパを気に入るだろうか?

 

新しいパパが子供を気に入るだろうか?

 

今後、新しく子供が生まれたら、連れ子の方がないがしろにされないだろうか?

 

また離婚する羽目にならないだろうか?

 

シンママは周りの男から避けられるし、出会いも無い為に、男を望む気持ちも非常に強くなっているが、実際に新しいパパを迎えるとなると、我々の警戒心よりも比べ物にならないほど大きな警戒心を持っている。

 

なので、シンママに対するコチラの警戒などゴミのようなもの。

 

むしろ結婚とか関係なしに、自分の女の部分を満たしてくれる人を探すケースが非常に多い。

要するに、、、

利害が一致するということ!

 

男の求めるのは、責任を取らずに女性と交わりたいの一言に尽きるが、シンママも無用に家庭内に入ってこない男性を探しており、刹那の時間だけを母親ではなく女性でありたい。
単純に言えば、

セフレが欲しい

という話になる。

 

結局、警戒するべき点など何もなく、むしろ歓迎するような所だらけなのだ!

実際は既にシンママを相手にしているケースも多い

と言うわけで、シンママに出会ったのなら攻めまくるのがよろしかろう。

 

が、シンママであることがバレると相手に引かれると思っているので、シンママであることを隠すケースは非常に多い。

 

ツーショットダイヤルなどでは、意外とすんなり話してくれる事も多いが、それでもやはり隠すケースは後を絶たない。

「なんか、この間、ツーショットで引っ掛けた女がイイ女だった。久々美味しい思いをした!」

などという武勇伝は決して少なくないが、それは結局相手がシングルマザーで、リアルの生活では男が相手にしてくれない為に、そうやって一時的に男を楽しんでるという落ちなど腐るほどある。

 

知らぬは男だけで、実際はシングルマザーと遊んでいるのだ!

まとめ

今回はシンママ、シングルマザーについてお伝えしてきた。

 

シンママは決して警戒する相手ではなく、

むしろ積極的に狙っていくべき相手

であることが分かってくれたと思う。

 

割り切った出会いを求めている為に、セックスにしろテレフォンセックスにしろ、シンママはエロに対してオープンで、楽しみたいというモチベーションが高いので、実際に相手をするとかなり美味しい思いが出来る。

 

普段の生活においても、もしシンママと出会うようなことがあれば、是非、いろいろ誘ってみてほしい。

 

その都合の良さやエロさ加減を目の当たりにすれば、

「こんなパラダイスだったのか!」

と、意識が180度転回することは、間違いないだろう。

 


PAGE TOP