MENU

閉店ラッシュが続くテレクラだが、実はその需要は拡大している!?

 

続々とテレクラが閉店している

 

ここ数年間で続々と有名なテレクラが閉店しているのをご存じでしょうか?

 

変態セックス願望を持つ人妻が多かったバレンタインコール目黒店、生粋のテレクラ狂いの熟女が多かったリンリンハウス所沢店、群馬のテレクラナンパ師達で知らぬ者はいなかったボイスメイト太田店などなど・・・

 

非常に個性があって、人妻や熟女マニア達にとっては聖地的な存在だった有名テレクラが続々と閉店しましたので、中には

もうテレクラは完全に絶滅した

と落胆している男性もいるのではないでしょうか?

 

確かにテレクラの閉店ラッシュは全国的であると言えますし、その減少ペースは年々早まっていますので、ある意味でテレクラは終わったと考えられるのかもしれません。

 

しかし!

 

実は、テレクラの需要というのはある意味で拡大しているんですよね・・・

 

嘘だろ!?

と叫んだ方もいるでしょう。

 

しかし、間違いなく事実なのです!

 

テレクラのモバイル版といえるツーショットダイヤル番組の数々はかつてない盛り上がりを見せています。

 

ツーショットダイヤルは当サイトでもメインテーマとして扱い大々的に紹介していますが、ツーショットダイヤル番組を利用する女性というのは間違いなく増加しています。

 

特に、テレクラ世代と呼ばれる

40代~60代の熟年女性達

は見事にツーショットダイヤルをディープに使いこなしています。

 

40代の熟年女性達のレクラからツーショットダイヤルへのシフトは本当にスムーズでしたし、ある意味で人妻や熟女さん達がツーショットダイヤルブームを起こしたと言っても過言ではありません。

 

恐らく、昔から日常的に利用していたテレクラが使えなくなるのは、余りにも耐え難いと感じていたのでしょう。

 

だからこそテレクラと同じような電話コミュニケーションが楽しめるツーショットダイヤルへと、直ぐに見切りを付けて移行したのだと思います。

 

断言します!

 

80~90年代のテレクラの熱気は今でも味わえます!

特に、人妻系のツーショットダイヤル番組は「テレクラ黄金期」を経験しているテレクラに最も敏感な女性達ばかりが集まっています。

 

テレクラというのは単純に店舗型からスマホへと利用するサービスが変わっただけと考えるべきだと私は思います。

 

また、最近の人妻ツーショットダイヤル番組は既婚女性である人妻さんだけでなく、シングルマザーやバツイチ・バツニの熟年女性も数多く参加していますので、旦那バレというリスク無しの安全な出会いも気軽に楽しめます。

 

テレクラは終わっていません!

 

むしろ、始まったのです!

 

是非とも、テレクラを愛している男性は人妻系のツーショットダイヤルを利用してみて下さい。

 

全盛期の興奮を今でも感じることができます!

テレクラ世代の人妻が集まる!
人妻ツーショットダイヤルランキング

 


PAGE TOP