MENU

徹底的かつ、圧倒的に!熟女のどこに魅力を感じるのか!?

 

熟女&人妻のエロさや魅力を圧倒的にまとめた

 

筆者が若い頃。

 

そう、チンゲが生え揃い、生意気にもヒゲが生えた頃。

『熟女』

と聞いても、なんの感慨も無かった。

 

熟女と聞いて、それが好きか?嫌いか?

 

っと、判断するレベルにも無かったし、そもそもを言えば、熟女という単語自体が頭に入ってこなかったのだ!

 

なんぜ興味が全然ないんだもの。

 

それから20年の月日が過ぎた。

 

その間、セックスや、オナニー(主にコチラだがw)にて数多の射精を経験し、齢は既に40才の後半である。

 

そんなお年頃のある日、自分にとって微妙な変化が訪れたのだ!

「あれ?熟女って妙にエロくね??」

 

「いやいや、若い子とヤリタイよ?だけどもなんかこう・・・。」

 

「ちょっと体型崩れてたりするし、、なのに・・。」

っと、熟女に妙な輝きを感じるようになったのである!!

 

いや、別に輝いてるワケじゃないわ(笑)

 

熟女が輝いているワケがない!!

 

しかしながら、熟女に何かしらのエロスを感じてしまうのだ!

「なんか、、、、エロいんだよ!!なんでだよ!!!」

必死で否定したくなるのだが、エロスを感じてしまったのだから、もう仕方ない・・・。

 

熟女のエロさを認めるしかないのだ!

 

そして、一度認めてしまえば、一つ、また一つと、魅力に気が付いていき、寄せては返す「あら、いいですねぇ」の波が止められなくなってしまった(笑)

 

そんで今回は、ならば、

他の人はどうなんだろう?

と思ったワケだ!

 

熟女好きはどんくらいいるんだろう?どこに魅力を感じているのだろうと。

 

新たに湧いた疑問を解消するべく、皆様の熟女へ対する熱い思いを調べ、まとめてみた!

 

で、実際に調べてみると、皆さまはワタシよりも数段上を行っている模様。

 

まだまだ修行が足りない事を痛感する始末ですわ!!

 

ただ、それでも、ある程度は傾向なども見えてきた気がする。

 

熟女好きに秘められた何かを掴んだかもしれない!

 

熟女のバストにむしゃぶりつきたい人が大量出没!!

熟女のオッパイ まずはオッパイだ!!!

 

女性のセックスアピールの代表格なので、言及する人も多くなるのが予想通りだろう。

 

熟女の使い込んだオッパイ

 

ゆるんだ乳 

 

垂れ乳好き

 

垂れパイ

 

豊満で垂れた胸

 

使い倒して伸びた乳首

 

年季の入った伸びた乳首

 

垂れ気味の乳

 

黒い乳首

 

オレは乳房はチョイ垂れの巨乳で、焦げ茶色した乳輪&乳首。
しかも乳首はデカめで長いのが好きなんよ

 

黒ずんだ乳首と乳輪

 

おっぱいをさわるとすぐ乳首が反応する

 

乳首を1舐めするとピックン!ピックン!反応する

 

垂れてる乳

 

使い込んだ乳首だな

 

垂れ乳

 

おっぱい揉むときにできる乳房の皺と、うつむいたときに垂れさがるやぎ乳

 

重力に素直な乳

 

茶黒ずんだ乳首も良いな

 

少し緩めの体に、色が濃い目で大きめの乳首。
まさに今、エッチしてる友達の母親がそうなんです

 

熟女の乳頭最高。ぽってりと熟した果実に吸い付き舐め回すのがね

 

やっぱり垂れ乳!弾力のない垂れたの大好き

 

垂れ乳に長く大きな黒乳首!

 

熟女の勃起乳首は大きくてコロコリだから舐めごたえがありますね

 

少し大きい乳首の勃起を舐めるのは最高

 

黒ずんだ乳輪、乳首、垂れたお乳。大好物です

 

ざっと見てみたワケだが、大別すると以下の2点となる。

1、乳首の黒さ

使い倒したような驚きの黒さに魅力を感じている人が多数!

 

子育てで伸びきったりするのも点数が高いようだ。

2、垂れ乳

垂れてしまった乳にエロスを求めている人も多い!

 

乳に歴史の重みが加わった、その神々しい姿。

 

フル勃起するのは当然なのである!!!

 

全体としてはストレートで、マニアックさは少ない。

 

かと言って、オッパイ好きが単純という事にはならないだろう。

 

やはりオッパイは男にとって永遠のテーマとなるのである!

熟女のヒップが3度の飯より好きです!

熟女の尻 さて、続いて来たのは熟女のおケツだ!!

 

コチラもセックスアピールとしてはポピュラーなので、多くの意見が集まった。

 

熟女の尻やアナル

 

が、やや異質な空気を感じる。

 

ムチムチなお尻です。

 

激しく同意!
以前はおっぱい好きだったのに、今はすっかりお尻フェチ

 

いいよねぇ~ デカイお尻に目が行ってしまう俺、ヤバいかな

 

あの巨尻の魅力は若い人には出せないし、つい見ちゃうのもそれだけ魅力的ってことだから~

 

私は尻派

 

巨尻

 

脂の乗りきったでかい尻かな

 

ちょっと垂れたお尻

 

とにかく大きなお尻。若い娘には無い、ちょっとたるんだお尻が大好き

 

肛門です

 

ケツ穴と垂れたお乳ですな。

 

いい具合に脂肪がついた大きなお尻

 

たっぷり脂の乗った尻肉、掻き分けたら覗く尻穴

 

垂れたでかいお尻

 

熟おばさんの一番の売りは、まん丸くて、ふくよかなお尻です。温かさ、偉大な母性を感じる。顔を埋め、懐かしくも、そそられる匂いを嗅ぎたいよ

 

アナルが 、熟女さんになったら、長年の排便使用て、中から少しはみ出しているよね。
その様子がひと様々で、色気もあって、好みです。
肛門、お尻穴、好きです

 

けつの穴から飛び出ているビラビラをなめってあげるのも喜びます。
あの長く出ている階のひものようなものは何かな。詳しい人教えて
万個のビラビラではないよ。アヌスの穴から出ているものです

 

痔か直腸脱と言って、直腸が肛門から出ているのと違いますか。
異様な感じですよね。でも、興味津々、見飽きないですよね

 

熟おばさんのお尻、尻あな、ふくよかで温かみを感じる

 

劣化し始めたアナル
長年の脱糞や変態行為により形が変形したアナルを見ると、この上ない至福。
若い頃は綺麗な菊だったのにって思うと更にパワーアップ

 

ツルマンデブの熟に一番興奮する
美味しい美味しいと言いながらしゃぶる姿を見ながらアナルに指を入れて掻き回してると我慢出来ないから入れてと懇願して来る

 

ずはりお目こと尻の穴

 

後ろ向きでパンティをずらして肛門が見える瞬間に興奮します。

 

熟オバハンの後ろからの突き出した尻、間から見えるアヌスが絶品、
オメもバックからの景色は良いな

 

お尻がふっくら、間から尻穴がのぞくのが良いな

 

まさに肛門の匂いですよ

 

やっぱり、お目こ、尻の穴、淫毛

 

まぁ~るい尻たぼの間に見えるアナル

 

お尻派に1票

 

肛門です。匂いも大好きです

 

熟おばさんの大きなちょっと垂れたお尻は本当にそそられます

 

尻の間から覗く尻の穴が色っぽくて好き

 

ピチピチはち切れそうなふくよかさが堪らない。お尻も惹き付けられます

 

お◎こも良いが、尻穴が、菊花でなく熟女さんのふっくら盛り上がっているのが好きです

 

おばさんのウンコ滓がついたアナルを嗅ぎたいな

 

熟は何でアナルに簡単に挿入出来るんだろ?イヤがられたら事がないから不思議だ

 

アナルを見るのは大好きです

 

肛門が大好きです

 

おしりと言うか・・・アナルじゃね???(笑)

 

適当にカットしているからわかりにくいかもしれないが、

とにかく、アナルがイイ!

という意見が非常に多かった(笑)

 

また熱の入ったコメントも散見され、アナルに対する熱い思いを感じる!!

 

また、肛門の更に匂いという、かなり限定した部分を強調する意見もある!

 

変態度がかなり高く、若い女が聞いたら卒倒するかもしれない(笑)

 

ちなみに、ケツとアナルでは、似ているようで大きな違いがある!

 

その点についてちょいっと解説していこう。

 

実のところケツの魅力は、生物としての本能に基づいている。

 

従って、女性のヒップを好む男性は非常に多い。

 

また、女性のくびれに魅力を感じる男は多いが、このくびれも結局はケツの大きさによって生じるものであり、ケツ好きの亜種といってよく、ケツ好きの一形態と言っても過言ではない。

 

なぜ男は本能的に女性のヒップを好むかは、大きな尻は女性が安産型である事を示しているからだ!

 

今でこそ医療が発達し、出産はそれほど危険ではなくなったものの、少し前までの時代では、出産は文字通り命がけであった。

 

従って、安産型の体型に本能的に惹かれても不思議ではないだろう。

 

一方でアナルは違う。

 

完熟したアナル

 

もーーー、すんごい違う!!

 

アナルっつーのは要するに、便の出る穴でしかなく、そこに生物としての本能が反応する余地は1ナノメートルも無いのだ!

 

よって、アナルに反応するという事は、高次で、倒錯したセンスが無いと到達できない。

 

しかも、

それが熟女のアナルなのである!

相当に鍛えられているとしか言いようがない。

 

一般人に言わせれば、狂ってるとしか言いようがないだろう。

 

だが、それがいい。

 

また、狂人であるから、強烈なコメントも湧いてくる!

 

特に光った2コメントをピックアップしてみた。

 

例えば、このコメントの破壊力はどうだろう??

 

 

『長年の脱糞や変態行為により形が変形したアナルを見ると、この上ない至福。』


 

ココでは、アナルの変形に長年の脱糞と変態行為の蓄積を思い描いているようだ。

 

彼にとっては、脱糞と変態行為は、宝石のように見え、その蓄積とは、宝石が詰まった宝箱と思えるのだろう。

 

エロを通り過ぎて清涼感すら感じさせる良コメントである。

 

また、次のコメントも素晴らしい!

 

 

『おばさんのウンコ滓がついたアナルを嗅ぎたいな』


 

どうだろうか??

 

上記はウンコ滓(カス)の匂いを嗅ぎたいと呟いているワケであり、これはもうアナルというよりも、その中。

 

ウンコに魅力を感じているのだ!

 

熟女のウンコで勃起という事なのだ!

 

しかも、その口ぶりは童のソレである。

 

語感には屈託の無さを感じ、その分だけ爽やかさを受けるものの、その意味を考えれば途方もない闇をも感じることが出来る!

熟女の肉感がタマラナイのだ!!

熟女の肉感 さて、お次は、、、肉感だ!

 

肉感の良さ

 

年を重ねると、男であっても女であっても、少々肉が付いていく。

 

当然、多くの女性にとって脂肪は天敵であるが、ある程度の肉付きを好む男性は意外と多いのだ!

 

そもそも男女では、纏う脂肪の量が違う。

 

女性は、男性より多くの脂肪を纏い、その結果として身体に丸みを帯びる。

 

男女に違いがあれば、その違いこそがセックスアピールとなるので、男性が肉感を求めるのも、自然な事である!!

 

腹周りの脂肪かな。ほどよくふっくらが最高。

あくまでほどよくね(^-^)

 

セルライトが好き

 

ムチムチ感かな

 

背中の肉

 

エッチの最中に波打つ全身の肉

 

抱き心地良いな

 

熟女の魅力はぽっこりの腹。

 

ぽっこりお腹

 

太めで緩んだ身体

 

太り過ぎではないグラマーな体型に萌える

 

やはりムチッとした感じかな

 

肥満じゃないムチムチってところにこだわりたい。

 

弛んだ下腹

 

波打つ肉体

 

騎乗位させてる時の段腹の揺れ具合

 

デブではなく、ちょっと弛んだ腹肉がいい。

 

ムチムチした、太腿の付け根、たまらない

 

熟女特有の膨らみね。分かる分かる。

 

ちょっと崩れたボディラインがたまりません!

 

両手、両足を熟さんの両手、両足に乗せ、身体全身が熟さんに密着、
熟女肉敷き布団です。勿論、二人とも素っ裸です。
気持ち良いですよ。

 

肉布団は、ぶよぶよ、プヨプヨ、プリプリで、素っ裸だと肌触りもしっとり、
良いでしょうね!

 

私は、補正下着に包まれた、肉の塊りも魅力を感じます。

 

おデブの豊満な肉体を無理矢理締め付けている補正下着、尻、腰、股ぐらを、
一層艶やかに引き立てているよ。
これは熟女おばさんでしか、得られない魅力ですよ。

 

三段腹に、薄い草むらも!

 

無理矢理、締め付け圧迫した肉塊、端からはみ出た肉塊は見応えがあるよね。

 

補正下着脱いだ後のだらしない身体にムラムラする

 

熟女の全身、補正下着姿は強烈なエロを感じる。なにがむくむくしてくる

 

ポッチャリ熟さんのボディースーツ、ガードル、補正下着姿はエロいよ

 

熟女の美しいのは背中の肉付きから脇肉のラインだな!

 

40代なのにボディラインや胸の谷間強調してる女ってイヤラシイ
とくにおなかまわりの肉づきがたまらない

 

お腹周りや腰、骨盤周辺の肉付きはそそられますね

 

ほんのちょっとだけ、弛んだお腹。

 

というワケで、多くの肉好きがコメントをしているのがわかるだろう。

 

そして、ざっと眺めてみても、単純に柔らかさを求めている人もいれば、そうでない人もいるのがわかる。

 

世の常として、物事は単一の原因を元とすることは少ない。

 

その多くが、複数の原因を持つ。

 

ましてや人の好みであれば、その根は必ず複合していると言っていいだろう。

 

従って、ここにおいても、単純に肉感を好んでいるだけではないのだ!

 

例えば、

熟女が好き → 熟女は肉が多くついている → 肉が好き

 

という流れを踏むケースは決して少なくないだろうし、

 

母性を求める → 母親は肉付きがよい → 肉が好き → 熟女が好き

っと、母性が肉に変化し、それを熟女に求める場合もあるだろう。

 

従って、それら経緯を考えれば、単純にポッチャリを求めているのとは少々違う。

 

その肉感には、様々な意味がこもっているのだ!

 

例えば、

 

 

『補正下着脱いだ後のだらしない身体にムラムラする』


 

このコメントのように、加齢を重ねたからこそ現れる、ちょっと崩れていて、だらしなく付いてしまった脂肪に、エロ的なロマン、略してエロマンを感じるワケだ!(笑)

 

ついでながら、このコメントにある補正下着というのもスバラシイ!!

 

補正下着

 

この『補正下着』という熟女界の四字熟語は、内に様々な意味を秘める!!

 

まずは当然、女性である事。

 

そして、体型が崩れつつあるので、それを補正しようとする事。

 

崩れつつあるというのは、熟女を連想させる事。

 

更には、その熟女が男の目を気にして補正しようとしている事。

 

それでいて、補正下着は効果テキメンという事ではなく、焼け石に水っぽい事。

たった4文字にこれだけの意味を内包する!

 

そして、補正下着を目にした時、一体何が起きるのかというと、その像は角膜を通り、水晶体を通り、視神経を伝わり、視床下部を通り過ぎ、大脳新皮質に到達。

 

その大脳皮質にて、ダイナミックなエロマン変換が起こり、

 

 

大脳さん『これはド級のエロである!起つべし!!』


という、奇跡の回答をもたらすのだ!!

 

この期に及んでは、もはや感動すら覚える。

 

全くもってスバラシイ。

 

美を保とうとする所に、熟女の健気さを感じ、その健気さは、美が保てていないからこそ強く出る灰汁なのだ!

 

その灰汁を、ズルズルと吸い尽くすのが我々、

『妖怪 熟女好き』

という事なのである!!

先生!!熟女臭に勃起が収まりません!!!

熟女の匂い 嗅覚は他の感覚器と比べて、大きく異なる特徴を持つ。

 

他の感覚器は、脳の外側にある大脳新皮質で処理されるのに対し、嗅覚は、脳の深部にある大脳辺縁系にて処理されるのだ!

 

ムンムンする野獣のような臭い

 

これが意味する事はなんだろうか??

 

脳の作りを大雑把に言えば、内側に入れば入るほど原始的になっており、外側に行けば行くほど高度になっている。

 

もちろん、原始的だから要らないという事ではなく、生物には欠かせない基本的な機能を司っていると言ってもいい。

 

そこに繋がる嗅覚だからこそ、他にはない、特別な要素を持つのである。

 

それは、

記憶と感情に結びつきやすい

という事。

 

要するに、匂いによって、記憶にしまってある情景が浮かんだり、それによって感情が揺れ動きやすいのである!

 

もちろん視覚情報であっても、心は動く。

 

女性の裸体を目にすれば、興奮するのは間違いないだろう。

 

ただ、その場合は高次の処理によって興奮していると言える。

 

一方、嗅覚の場合は、もっと本能的な刺激を受けて興奮すると言っていい。

 

従って、匂いで興奮した場合は、それはもう理屈抜きのストレートな興奮と言えるだろう!

 

というワケで、お次は熟女の匂いに興奮した、原生生物たちをお送りしたい!

 

あの体臭や腋臭は堪らん。

 

やっぱり、熟のワキの匂いが最高。

 

熟のワキの匂いが最高です!

 

同じ職場のパートの熟さんをそのまま食事に誘って、ホテルでのエッチ
風呂も入れずにいきなり襲う
何とも言えない香りと薄っすら脇も黒ずんで、、最高にエロい

 

濃い化粧とその匂い、かな 
だから熟セフレと会う時はバッチリメイクしてきてもらいます 
それが崩れていくのがまたたまらない

 

熟のワキ臭がなんたって1番エロい。

 

 

やっぱり、濡れ光ったオンメコが、いいわ!牝臭を放っているともっと良いよ。

 

なんといっても、熟のワキの匂いが最高です。

 

唾の匂いや腋の匂い、

 

私は熟の口臭や厭らしい匂いがする唾が大好きです。
前に熟の唾で顔中を擦られた時、その匂いだけで放出してしまいました。

 

口臭と唾の匂い。

 

本能に促されるまま、熟女を堪能するソルジャー達。

 

その呟きは如何だっただろうか??

 

これら言の葉から匂い立つのは生臭い浅ましさだが、その内に秘めたる美を感じるのはワタシだけではあるまい!!

 

端的なコメントは削除したが、全体を通して体臭に反応する御仁は多かった印象。

 

これほど体臭に反応するとは、予想をかなり上回った結果である。

 

だが、それでいい。

 

匂いを嗅ぎ、本能の赴くままに熟女を堪能する事こそ、醍醐味の一つなのだから!

熟女が見せる可愛らしさが・・・股間にドッきゅんですww

熟女が見せる可愛らしさ 後にも先にも、『ドっきゅん』なんて文字列は二度と書かない。

 

しかし、熟女の可愛らしさを思う時、私の言語の引き出しの中から適切な単語を洗い出してみると、

最も高い一致率は弾き出したのが、『ドっきゅん』

であった。

 

ドっつきゅんという言葉を使いたくなる可愛らしさ

 

筆者の脳にこんな単語が仕舞われていた事に、まず驚きを隠せない。

 

『キュンキュン』も候補には上がった。

 

しかし、違った。

 

『ド』が必要なのである。

 

この濁音こそが、我が胸の内を正確に表すとき、必要であったのだ・・!

 

『ド』の持つ、そのスピード感、グルーヴ感!そして質量の多さ!

 

海綿体に流れ込む血液の、その勢いに・・・『ド』が必要なのである!

 

熟女さんを誉めた時に照れくさそうに必死で否定するのが可愛い

 

sexには貪欲なくせに純情さをみせる

 

フェチではないが基本、言葉がきれい。変な過剰反応がない昭和なオーラがいい

 

衰え崩れゆく女の肉体、気持ちはいつまでも乙女、女の性にすがりつく気持ちが愛しい

 

人生が身体に刻まれているからね。熟さんに身の上話を聞くと、余計に味わいが増えますです

 

自分も熟女が大好きですが、何でも許してくれて包んでくれる包容力とか癒しが好きです

 

アンバランスに、肉が付いたり、弛んだり、懸命に女であろうとする様子が、
可愛いくも、可哀想でも、またユーモラスでもあって、愛おしいよ。

 

安い服なのに頑張って女の色気を最大限に引き出し
チョットだけ くたびれた乳の膨らみ たまりません

 

厚化粧でもおしゃれをしょうという気持ちが女、艶を感じさせてくれる

 

確かに、sexに一途なおばさんが可愛く見えてくるね。しかし、女は凄いな

 

ちぐはぐさが可愛く見えたりしてね。甘えた声でもだしたら、抱きしめてやるよ

 

普段は普通の人妻を演じているであろう熟女が、
エッチをするために会いに来る時は少し頑張って濃いめのメイクをして、
普段は履かない少し露出のある服装をして、というそういう努力の跡にたまらなく魅力を感じます

 

熟女は心がひろいよな~ てか こんな私でいいの?ババアだよが口癖だから、
こっちも優しくしてあげたくなるね。たくさん愛撫してイカせてあげると帰してくれないね~

 

年齢と肉体のギャップ、肉体とうぶ純情さのギャップに惹かれる

 

というかね、熟女って意外と可愛らしさを持っている事が多いと思うの。

 

正確に言えば、女性はそれぞれ可愛らしさを持っているワケだけど、熟女が出すことで、ギャップが生まれちゃう。

 

また、熟女の落ち着きも重要!

 

年齢を重ねれば、人間は落ち着きが出るもの。

 

その落ち着きから一転、可愛らしさが出れば、それもまたギャップとなっちゃう。

 

ギャップ+ギャップ = ドっきゅん

 

これはもう、当然の帰結なのだ!

性には積極的なのは、熟女の最大の魅力の一つだ!!

性に積極的なスタンス まずは、コメントを見てみよう!!

こちらのリクエストに何でも応えてくれること

 

何でも受け入れる淫乱さ

 

感度の良さ!

 

熟女の魅力はいつでも中だしOK。それ以外にあるの?

 

熟の良いところは、中だしOKなところかな

 

どこでも脱ぐこと

 

したいプレイを何でも受け入れてくれる許容量の広さ

 

中だし出来るマンコ

 

テク

 

貪欲な性欲

 

その執念でフェラされたら最高ですよ、熟女は

 

そんなになっても、まだチン○を欲しがる、性欲が旺盛な熟女の浅ましさか良いよ

 

雌豚ですな。性本能を剥き出しに、エロイ豚も可愛いですね

 

臭いちんこも貪るように舐め上げてくれる。やっぱり熟女が大好きです

 

熟女のフェラはたまらんな。しゃぶるのがホント好きだよな。アナルもドリルしてくれる

 

会って直ぐに、ハグして、お尻を撫でるだけで、その気になるね

 

やっぱり熟女のフェラはたまらないな
裏筋もベロベロ舐めてくれる

 

熟女おばちゃんは、ほぼセックスレスが長いよね
そして満足な逝った経験が少ないから、チャンスにはものすごい貪欲ですよ
燃え方もびっくり、マンネリの男には、格好のお相手になってくれる

 

喘ぎ声や悶える様がエロい

 

体中ベロベロ舐めてくれる、そんな熟女が好きだな

 

騎乗位で腰を振ってる時の少し垂れ気味の胸、
このチンポは私だけのものというかんじでしっかり握りしめて丹念にするフェラ

 

コンプレックスもってるからそれを肯定されたとたんタガが外れて淫獣になる

 

飲尿とか、浴尿とかもしてくれるし下着プレイも抵抗無し!子育て一段落したくらいの熟女が一番イイ!

 

四つん這いになってアナルを拡げたら舌を入れて舐めてくれる人妻
タマやチンポを揉みながらアナル責めしてくれる。交代してやると獣みたいな声で泣き喚く

 

時を惜しむかのように、性を貪りつくす様子が素晴らしい

 

旦那しか知らなかった還暦ババアはマンコに挿入して途中で抜いた後の汁だらけのチンポを美味しそうに舐める
あれは見ていて興奮する。自らアナルまで求めて入れてと尻を振る、こんな姿を旦那に見せてやりたい

 

不様な肉体を羞じらいながら、久しぶりのセックスを貪欲に求めてくる

 

チンポ扱いのうまさな

 

カジリたいね。甘噛みすると、ヒィーヒィー言いながら、悦ぶよ!

 

イク時に足を伸ばしてヒクヒクするのはイヤらしい

 

いやー、秀逸なコメントだらけで、恐れ入りますわ。

 

 

セックスの積極的なスタンス

 

 

迷いますが、幾つかピックアップしてみましょう。

 

 

『何でも受け入れる淫乱さ』

 

『時を惜しむかのように、性を貪りつくす様子が素晴らしい』

 

『貪欲な性欲』


わかる!!

 

性へのポジティブさは、熟女の魅力の一つ!

 

その理由は様々あるのだ!

一つ目は単純に性欲の問題。

女性の性欲のピークは35才とも言われ、その後も高い水準が続く。

 

35才~45才は、最大化された性欲により、性欲モンスターになるのだ!

 

大人の女として落ち着いた物腰にも関わらず性欲を貪る姿は、そのギャップと合わせてエロの頂点と言ってもいだろう!

 

『感度の良さ!』

 

『イク時に足を伸ばしてヒクヒクするのはイヤらしい』

二つ目は、性感の問題。

女性の性感は男性とは大きく違っている。

 

その中でも、開発の問題は特に顕著だ!

 

男性であれば、性感はそれほどアップするものでもない。

 

相手の女性が名器であれば確かに気持ちがいいが、それは相手に依存した問題である。

 

一方、女性は違う!

 

女性は性感は、慣れや才能によって大きく変化する。

 

オーガズムの種類も多い。

 

クリトリスから始まり、中イキが来て、ポルチオまでもが用意されている。

 

そういった深い快感を手にするには、やはり慣れや経験が物を言う。

 

そういう意味で、熟女の場合は、強い快感を得られるケースが増えてくるのだ!

 

若い子に良くある話だが、

「ワタシ、エッチ苦手、、痛いんだもん。。。」

こういったケースは多い。

 

もちろん男性のテクニックに問題があることが多いが、女性側が開発されていないのも、原因の一つだ。

 

いくら性欲があったとしても、痛ければセックスしたいとは思わない。

 

一方、熟女のように、セックスで深い快感を手にすれば、セックスをしたいと思う気持ち、その熱量が増えてくるのだ!!

 

 

『その執念でフェラされたら最高ですよ、熟女は』

 

『臭いちんこも貪るように舐め上げてくれる。やっぱり熟女が大好きです』

 

『飲尿とか、浴尿とかもしてくれるし下着プレイも抵抗無し!子育て一段落したくらいの熟女が一番イイ!』


 

その結果、セックスにポジティブになり、男性へのサービスも増えてくる。

 

しかも、長年の経験のお陰でテクニックがあるのだ!

 

それを一度知ってしまうと・・・・。

 

という事なのである!!

三つ目は、中出しの問題。

 

 

『熟女の魅力はいつでも中だしOK。それ以外にあるの?』

 

『熟の良いところは、中だしOKなところかな』


 

ぶっちゃけた話、男のオーガズムは悲しい。

 

多くの努力の結果、やっとセックスに有りついたとして、目の前には避妊の問題が立ちはだかる。

 

なるほど、コンドームをすれば良いだろう。

 

しかし、生の気持ちよさとは無視できない程の距離がある。

 

初めてのセックスであれば、そんなものは些細なものかもしれないが、それなりに経験があれば、その差を決して無視できない。

 

「外に出してくれればいいよ?」

 

っと、生をOKしてくれる優しい子もいる。

 

その場合は極楽。

 

生の膣を存分に味わうことが出来るだろう。

 

だが!それも射精直前までだ!

 

男が最も快感を手にする、その射精時。

 

半ば拷問かの如く、膣から抜き出して手コキになるのだ!

 

何が悲しくて、最高潮の時にオナニーに戻らねばならんのか!!!!

 

ふざけるなぁぁぁ!!!

 

と、言いたい。

 

で・・・、そこで熟女だ!!!

 

年は45くらいか?

 

そのくらいになると早い人は閉経する。

 

さすれば、上記のような悩みは全て解消!!

「中出しってば超キモチイイィィィィィ!!!」

っとなるのだ!!

 

これをメリットと言わずしてなんというのだ!

 

セックスの神髄は中出しにこそある!!

 

しかも、これは何も男性だけのメリットではない。

 

むしろ女性側にこそ大きなメリットがある!

 

彼女たちは、その人生において常に避妊と戦ってきた。

 

妊娠=堕胎手術

である以上、生セックスはすなわち堕胎手術の恐怖と戦わねばならないのだ!

 

性病ごときの恐怖に恐れおののく我々、男たちとは、まったく別次元の戦いを強いられていると言える!

 

「生理が遅れてるんだよね・・・」

 

「そうかぁ。。。。(チッ・・・うぜぇ)」

 

多くの男がこんなことを思っているだろう。

 

かくいう筆者もそうである。

 

だが、

(堕胎手術かも・・・?)

という悪夢が目の前に迫っているかもしれない状況下において、それを口にしたがるのは、当たり前のことだと言っていい。

 

てか、血が苦手な筆者からすれば、自分がその状況かであれば、卒倒しかねないわ!(笑)

 

でだ!

 

そんな恐怖感の元にセックスしていたら、そりゃー快感は下がる。

 

だって、男なら中折れ必至のシチュエーションなのだから。

 

それではセックスは最大限には盛り上がらないだろう。

 

そこへいくと、

閉経熟女はついにその恐怖から卒業したことを意味する。

当然、ストレートに快感を得る事が出来るワケだ!

 

しかも、女性にとってもゴムは気持ちよくないらしい。

 

従って、心配事も無く、生でプレイできることで、快感度は圧倒的に増幅するのだ!!

 

更に言えば、男性はよがりまくる姿を見る事ができて、一層の興奮を覚えられ、満足する。

 

いいこと尽くめとは、まさにこの事である!!

 

ビバ閉経!!

熟女の味は様々なのだ!当然、いろんな意見が飛び交う!!

熟女の味 味わい豊かなのが熟女である。

 

そこには様々な味が織りなされているので、魅力を感じる点も様々なのだ!

 

奥深い味わい

 

従って、少数意見とはいえ聞いてみれば納得するような、そんな指摘も数多くあった!

 

最後にそれらをまとめてみよう!

 

個人的には少し混じってきた白髪と目尻のしわが好きなんです

 

ワキ毛は剃らないで欲しい

 

生活感がなんかエロい

 

弛んだ二の腕

 

ワキ毛にフェチるなぁ

 

熟女のイイところはガキにはない落ち着きですね。

 

ちょっと弛んだ二の腕

 

シワのある手に手コキされんのが興奮すんだよな

 

歴史とエロスを感じる

 

掃除機かけてる時の尻とか

 

ワキ毛

 

ガキにはない色気

 

優しいエロかな

 

《よいしょ》とかポロッともらす時に萌える

 

パンストを履くとき

 

生活感

 

二の腕かな

 

ほうれい線に舌を這わせたい!

 

処理が甘い腋毛剃り残し

 

女も果物も熟しきった腐りがけが1番美味いんだよ
一歩間違えるとどっちも酸っぱくなる

 

年季の入った色っぽい喘ぎ声 !特に逝く瞬間の絶叫がたまんないわ

 

熟さん、それぞれのパーツ、人生を感じさせる。哀愁の肉体よ

 

使い古したビラビラおまんこ

 

哀愁を感じさせるけど、それが良い

 

自分は熟のパンストですねー!!つま先舐めながら入れたいな~

 

指輪してる薬指

 

悲哀、侘しさ、人生の黄昏!亡びる寸前の足掻きにエロを感じてる

 

侘しさは感じるけど、これまでのいろいろな人生経験を経てきた熟さんの肉体を、
好きに出来る快感、男の征服欲を満たしてくれる

 

熟女のお股、陰部は複雑、人生を象徴していて、見飽きません

 

各パーツも長年の使用でくたびれが目立つ。そこに味わいがある

 

手入れもしてない陰毛かな、そとみは髪染めて化粧してお洒落してるのに

 

五十路熟女のオシッコ飲みたい

 

家から娘の下着と制服を持って来てセックスしてくれる熟女が好きでした

 

何十年もたった帝王切開の傷跡がたまらない

 

綺麗なピンク色よりザクロみたいにグロテスクで
熟れたおまんこの方が魅力的です

 

熟女の使い古して黒く大きくなったビラビラが挿入した
チ◯チンに纏わりつくのを見ながらするS◯X最高!

 

スーパーでレジしている、熟女おばさん、そこいらにいるおばさんが良いなぁ。
エログロなお○こしているよ、きっと!

 

コチラも素晴らしいコメントばかりである!

 

なので、どのコメントも気になる!(笑)

 

が、全部は無理なので、適当にピックアップしてみよう!

 

 

『生活感がなんかエロい』

 

『掃除機かけてる時の尻とか』


 

これはイメージ的には人妻を指しているのだろうか。であれば、筆者も同意せざるを得ない!

 

普段の生活感を思えば、エロが更に際立つのだ!

 

 

『ワキ毛は剃らないで欲しい』

 

『ワキ毛にフェチるなぁ』

 

『ワキ毛』

 

『処理が甘い腋毛剃り残し』


 

ぽつぽつと目にしたのが、ワキ毛フェチ!(笑)

 

意外と多いようだ!

 

元々、ワキ毛フェチであり、熟女だと処理が甘い人がいるという事で、熟女好きなのだろうか??

 

それとも、元々熟女好きで、熟女だと処理が甘い人がいるという事で、ワキ毛好きなのだろうか??

 

 

『ガキにはない色気』


 

色気というものは、美女かどうかに依存しない。

 

ブスだけどやりたくなるような女性もいる。

 

また、若さでは出せない色気というものは確かにある!

 

なかなか色気というものは奥が深いモノである!

 

 

『哀愁を感じさせるけど、それが良い』

 

『悲哀、侘しさ、人生の黄昏!亡びる寸前の足掻きにエロを感じてる』

 

『侘しさは感じるけど、これまでのいろいろな人生経験を経てきた熟さんの肉体を、好きに出来る快感、男の征服欲を満たしてくれる』


 

哀愁や侘しさは、生物として下り坂にある事が起因している。

 

その一方で、エロは、生物としての生々しいまでの生を感じさせる。

 

生がまさに発火していると言っていい!

 

この、ギャップが、たまらんのだーーー!!!

 

 

『指輪してる薬指』


 

なるほど!寝取りね!(笑)

 

男性器のカリは、内部の精子を掻き出す為にあるという。

 

身体がそうである以上、

寝取りは男性のサガである

と言っていいだろう!

 

人としての設計に即した行動を取れば、当然そこには強い快感が用意される。

 

生物として報酬を受け取る事が出来るのである!!

 

 

『五十路熟女のオシッコ飲みたい』


 

狂人の域に達した、達人の言葉である。

 

居住まいを正して聞くがよい!!

 

 

『何十年もたった帝王切開の傷跡がたまらない』


 

何十年だと・・・??

 

しかも帝王切開。

 

これはきっと、、、熟女好き仙人さんからのコメントだーー!!

 

流石の切れ味に、御見それ致しました!!

まとめ

まとめ 振り返ってみると、今回は長くなり過ぎた!(汗

 

しかしだ!

 

熟女の魅力を語るには、仕方がない事なのだ!

 

それほどまでに、熟女は魅力を数多く搭載しており、その魅力の一つは一つは、一言では語れないような複雑さを持つ。

 

・・・嗚呼。

 

熟女とヤリタイ。

 


PAGE TOP